即日キャッシングなら銀行カードローンでも消費者金融でもチェックしておきたいこと


借り入れ先を見つけたとしても即日キャッシングをするためにはいくつか忘れることができないものがあります。
銀行カードローン借り換え審査でも、消費者金融のキャッシングでも同じようにチェックしておきたいものがあります。
しかし異なってくる点もありますのでそれもまたチェックしなくてはなりません。

例えば収入証明書類です。
消費者金融は収入証明書類の提出については一定のラインがあります。
総量規制によって決められているラインになりますので、1社からの借り入れの時には50万円を超える借入希望金額になるときに提出が必要になること、もしくは複数社からの借り入れになるときにはその総額が100万円を超す時に収入証明の提出が必要になります。

一方で銀行は収入証明書類の提出はその銀行によって違いがあります。
最初の申し込みから収入証明書類の提出が義務付けられている銀行もありますし、楽天銀行のように200万円まで収入証明不要となっていることがあります。
必要な書類だけでも違いがありますが、収入証明書類を今すぐに用意できないのであれば収入証明不要のキャッシングを考えたほうがよいでしょう。
消費者金融のように決められた金額で提出が必要になるのであれば金額によって安心が出てくるでしょう。

収入証明書類は基本、源泉徴収票となっています。
それ以外には給与明細も直近2か月分と賞与明細書1年分が認められています。
用意ができる書類になるのかも確認しておきましょう。

短期借入と長期借入の違いとは?


短期借入と長期借入の違いは、借り入れしたそのときから、返済が完了するまでの期間が1年以内か1年以上なのかで区別することになります。経理上では「ワンイヤールール」といわれています。

この期間は、後から一年以内に返済できてしまったから短期借入金である、返済が長引いてしまったから長期借入金である、といった判断をするのではありません。借り入れが発生した時点の契約や予定で、どちらに計上するかを決めるのです。

最終的には決算のときに短期借入金の予定のものが1年を超えても返済が終わっていないといったときは、その決算時点で再度返済期限を判断することになります。判断したうえで、次年度の決算時までに完済しないのであれば長期借入金に振り替えるということになります。つまり、借り入れをするときには必ず返済計画があること、さらに利息を支払うということは大前提になります。

賃貸対照表に資産や負債を表示しなければなりませんが、その大きな区分は流動資産、流動負債と固定資産、固定負債に分けることになります。流動性の区別を、1年以内かどうかのワンイヤールールで行うということです。

事業などをしている人が、借入に関して無頓着ということはよくあります。経理面に関して、小さい個人事業から徐々に規模が大きくなったという会社であれば、経理の面がきっちりとしていないということもあります。代表者が経理が苦手であるという自覚があれば、やはり税理士などに相談するべきでしょう。

キャッシングのCMといえば、少し前に流行ったのがアイフル CMですよね。最近は規制が入ったのか、少し変わってきたように感じます。

© 短期借入と長期借入の違いとは?